FC2ブログ

新人・シャンシャンです♪

image1_convert_20180612222300.jpeg

雑種・♀・ 5才くらい?

本来なら、
私とは会うことも、
関わることも一切なかったはずの、
遠い遠い場所にいた子です。
いろんな事情があり、
これも一つの御縁なのか、
我が家にやってきました(^-^)

シャンシャンは野犬です。
多少
人から食べ物をもらってたことは
あるかもしれませんが、
大人になるまで、
人に捕まるまで、
人との関わりはほぼゼロだった子です。
我が家の前に収容されてた場所では
とてもよくしてもらってたので、
今現在、触られて
怒ったり噛んだりすることはないし、
人から手渡しで
モノをもらって食べることもできます。

が。
触ることはできますが、
触られて嬉しい、
気持ちがいい、とまではいきません。
フリー中に呼んでもこないし、
フリー中に捕まえることも
なかなか難しいです。
もちろん、
リードで散歩することもできません。


image5_convert_20180612222654.jpeg



基本、
バリケンの中に引きこもってますが、
朝晩無理矢理私に出されると、
トコトコと室内トイレまで行って
ウンチとオシッコを済ませ、
余裕があれば
水を飲んで、帰ってきます。
すぐにはバリケンに帰れないように、
シャンシャンが出た時点で
バリケンのドアを閉めちゃう意地悪な私( ̄▽ ̄)
シャンシャンは、トイレを済ませ、水を飲むと、
部屋の中をウロウロしながら
「帰りたいなー。帰りたいなー。」をアピールします( ̄▽ ̄)
まだバリケンの外で落ち着くことはできません。


山暮らしの、生粋の野犬だったであろうシャンシャン。
ちょっとしたことでパニクります。


我が家の前に収容されてた場所から、
我が家に連れて帰る時。
「野犬なんてバリケン入れちゃえば
後はビビって固まってるだろうから大丈夫、大丈夫〜」と、
気楽に考えてましたが。
バリケンに入れられて、
そのまま運ばれて、
私の車に積まれた時点でパニックに…。
バリケンのドアや、
横にある穴をかじり始めました。
最初は笑いながら見てた私達ですが。
歯茎やくちびる?から
血を流しながら必死にかじり続け、
バリケンを食いちぎる勢いで
力一杯噛み続けるシャンシャン。
あー。
本気になれば
中型犬でもバリケンて食いちぎれるんだー、と、
変なとこ感心してました(^^;)

そのまま続けたら、
ウチに辿り着くまでに確実に
バリケンを食いちぎる勢いだったので、
一旦撤収。
鎮静剤を打ってもらって、
シャンシャンが寝てる間に
急いで家に帰ってきました。

image2_convert_20180612222410.jpeg



家に来て少したった頃。
リビングでリードをつけて引くと、
渋々ながらも
こちらに来てくれる感じにはなってたので、
調子に乗った私。
そのままシャンシャンを
庭に連れ出しました。
最初は固まってましたが、
そのうちハァハァが激しくなり、
目がいっちゃって、
コソコソと動き出しました。
この時はまだ冷静だった私。
「まあそう言わずに落ち着きなされ〜」と、
庭の真ん中でリードを持って座ってたんですが。
コソコソ動いてたのが、
アワアワ、
ジタバタ、
ドッタンバッタンと
どんどん激しくなり、
リードを噛み切ろうとし始めました。
我が家の庭は、
大人の胸から肩までくらいの高さのフェンスで
囲ってありますが、
シャンシャンは
それ以上の高さのフェンスを乗り越えて
逃げた前科があります。
リードを噛み切られたらきっと、
そのまんまの勢いで
フェンスを乗り越えて走り去ることが想像できました。
そんな状況ではもう私も冷静ではいられません(^^;)



image6_convert_20180612222818.jpeg



だからといって、
パニクってる野犬を
素手で抱くような勇気もない私は、
たまたま庭のフェンスに干してあった毛布を
掴んで引きずり寄せ、
シャンシャンにかぶせ、
毛布でぐるぐる巻きにした状態で
かかえてリビングに放り込み、
ドアを閉めました。

この時私の寿命は数年縮んだことでしょう( ̄▽ ̄)
超ーーーーー焦りました。
あんなにドキドキしたのは久しぶり。
もう。当分庭には出しません(-_-;)



image3_convert_20180612222536.jpeg



それ以降も、
そこまでの大パニックにはならないものの、
プチパニックはしょっちゅうあります。
リビングフリー中に
何かに驚くと、アワアワしながら
ダッシュでバリケンに駆け込みます(^^;)
まー。今の段階では、
落ち着ける場所があるだけヨシとしましょー。


いつものように、
アナが一生懸命遊びに誘ってくれてましたが、
シャンシャンは完全にスルー(^^;)
犬の群れにいた子なので、
犬嫌いではないだろうし、
犬付き合いも下手ではないはず。
なのにウチの他の犬達には全く無反応。
んーーーー。
犬がどうこうの前に、
人と同じスペースにいることの
ドキドキの方が勝っちゃうのかなー。

人との生活を
一切知らないシャンシャンなので、
いろんなことに慣れるのに
時間がかかるんでしょうね。
とりあえず、
まだまだ
「里親さん募集中です!」とは言えません。



image4_convert_20180612222602.jpeg



可哀想な境遇の野犬を見て、
助けたい!と思う気持ちは
間違ってないと思います。
でも、
「殺さないで!」と言うなら、
じゃあどうする?と、
その先も考えて欲しいと思います。
とにかく
「殺さないで」
「助けて️」ばかりで、
「誰か貰ってやって️」だけで、
後々のことは深く考えず。
捕まえた野犬を、
野犬のことをよく知らない人に、
野犬のままの状態でポイっと譲渡しても、
人も犬も、誰も幸せにはなれません。
「生粋の大人の野犬を飼う」て、
そんなに簡単なことではないと思います。
優しさや同情だけでなんとかなると思うのは
間違いだと思います。

えらそーなこと言っちゃいました( ̄▽ ̄)

シャンシャンは、当分ウチにいます(^-^)
私にできることなんて限られてますが、
私には頼もしい仲間がたくさんいます(^-^)
みんなに助けられながら、
少しずつシャンシャンと
仲良くなっていけたらいいなーと思っています♪

すったもんだしましたが、
今はただただ可愛いシャンシャン♡
皆さんにお披露目するには
まだまだ時間がかかると思いますが、
大事な我が家メンバーなので、
お知らせさせていただきました\(^-^)/

以後お見知り置きを〜♡♡♡







お問い合わせは、トップ記事の譲渡条件を必ずご確認の上
必要事項を必ずご記入の上メールフォームよりお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

プロフィール

ともnet

Author:ともnet
ともnetは
保護犬猫の新しい家族を探すボランティアのサポートしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード