ファビアン  正式譲渡 ♪

 家族ができました!!
応援 ありがとうございました♪  



プードル・♂・5~6才?
色はアプリコットだと思います。

名前はファビアン。
プードル担当、みもとさん命名♪

ファビアンは、保健所の迷い犬のホームページに写真のないまま情報が載っていました。
写真がないままっていうのは負傷してる場合が多くて、ファビアンもそうでした。
「左目から出血、左前足歩行困難」だったかな。って書いてありました。
交通事故だと思います。

今にも死にそうな小さなプードルを想像して保健所へ逢いに行ったんですが、犬舎にいたのは、でっかくて、意外に元気で、オドオドしながらも「何?」「誰?」っと、私に興味津々な様子のファビアン(^_^;)
「な~んだ、たいした事ないじゃ~ん♪」っと、ちょっと安心したんですが獣医さんで診てもらったら…
目。眼球がザックリと切れてました(:_;)


          DVC00098_convert_20120204193858.jpg
          保護当時


どうして保健所ではわからなかったというと、ファビアン。顔と手足、胸、シッポ、あたりは毛が絡まってガチガチの毛玉になってました。
目のあたりに血はたくさんついてましたが、目の回りに怪我をしてるのかと思ってて…獣医さんで、目の回りの毛をカットして、カットして、カットして、カットして、目までたどりついてみて、先生、看護師さん、私、一同「わぁ~~~(:_;)」っと…。
一目見て、もう元通りにはならないのがわかるほど眼球はグチャグチャで…予想通り、眼球は摘出しました。

    
手術となれば血液検査も必要なのに、手足ともにフェルト状に毛が固まってて皮膚が見えず。
バリカンの歯も入らないくらいのところをなんとか毛を刈って、やっと血管が見えました。

         120204_114845_convert_20120204194551.jpg
前足の真ん中あたりは獣医さんで刈った部分。背中は飼い主が刈った?部分。前足の先はまだガチガチ。


ファビアン、セーターを着た状態で保護されたんですが、セーターの下、背中だけ毛が短かったんです。
きっと飼い主が、やりやすいところだけ自分でバリカンをかけたんだと思います。やりにくい手足や顔は放置…だったんでしょうね。
こんな汚いのを部屋に置いてたとは思えず…きっと外飼いだったんだと思います



最初はオドオドしてましたが、今はキュンキュンと私を呼んでくれるし、触ると嬉しそうにしてくれます。(まだカラーしてるし、術後間もないのでサークル生活してます)
こういう状態の子を見ていつも思うのは「こんなひどい扱いを受けてきたのに、まだ人間を許してくれるんだね」って事。ファビアン、まだ人を好きでいてくれます……。


120204_115132_convert_20120204194646.jpg
眼球摘出した左目。はれはひきました。 



眼球摘出、去勢を済ませ、健康診断も済ませました。
健康診断は特に異常無し。
フィラリアもマイナス。
手術後腫れてた顔もすっきりしてきました。
今は、手術で邪魔になるところだけを獣医さんで刈ってもらっただけなので、アチコチまだ固まった毛で覆われてます。
落ち着いたら美容院で丸刈りにしてもらう予定。

        120204_114716_convert_20120204194504.jpg
 ちょっと元気になったらカラーをとめてたテープが取れてペロ~ンと…(^_^;)
両目の回りとおでこは獣医さんで刈ってもらった部分。フカフカに見える耳もガチガチです。
でも…イケメンの予感♪
 




重8・5キロなので、最大級のトイプーか、ミニチュアプードルだと思います。
ひとまず、我が家にきました、っというお知らせのみ。
里親募集は体の回復具合をみつつ、もうしばらく先になると思います。

ここで少し愚痴を…
プードルって毛が抜けない事で有名ですが、他の犬種と比べたら断然毛がからみやすいんです。
ダックスやチワワなら自宅でのシャンプーやお手入れもできるかもしれませんが、プードルはよほど馴れた人でなければ無理です。
人気のテディベアカットは顔まわりがフワフワでとってもかわいいですが、かわいいテディベアカットのプードルの飼い主さんは、ご飯を食べたり水を飲んだりするたびに顔のお手入れをするんです。
あのフワフワを維持するのには、飼い主さんの努力が必要なんです。
そういう手間をめんどくさいと思う人は飼ってはいけない犬種なんです。
トリミング代だって、全身トリミングをする訳だから、シャンプーだけをすればいい犬種と比べたら高いんです。
そういう事、飼い始める前によく考えていただきたいんです。
よく言われますが 「飼いたい犬と、飼える犬は違うんです」・・・  
ファビアンの元飼い主だって、もしかしたら、違う犬種ならきちんと飼えてたのかもしれません。

犬を飼う時は、ほんとに自分に合った犬種かどうかをよく考えてからにしてほしいと思います…
スポンサーサイト
プロフィール

ともnet

Author:ともnet
ともnetは
保護犬猫の新しい家族を探すボランティアのサポートしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード