まいちゃん 家族ができました ♪

家族ができました ♪
応援ありがとうございました!! 




イングリッシュコッカースパニエル・♀・5才

      1_convert_20121021182926.jpg

飼い主が、自身の体調不良の為保健所に持ち込みました。

             2_convert_20121021182950.jpg

最後の選択が保健所というのは納得できませんが、それまでは大事にされてたようです。

仮の名前はまいちゃん♪
コッカーらしくテンション高め(^_^;)
人は誰でも大好き♪
コッカーの大きなフカフカの前足でパシパシとタックルしてくるとこなんかはとっても可愛いです(^-^)
イングリッシュコッカーにしては小さめで、マズルも短め。
断尾してないので、ビヨ~ンと長いです。
もしかしたらmixかなぁ…

   3_convert_20121021183012.jpg

そして大事なこと。
中年以降のコッカーにはありがちですが、皮膚が弱いです。
脂漏症気味で、首の前面、胸が特にひどくてハゲてます。
耳も外耳炎です。これもコッカーにありがち。
この2つは、簡単に完治するものではなく、フードに気をつけたり、こまめなシャンプーをしたり、薬を飲んだりして、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら一生付き合っていくものかもしれません。(今までの飼育環境が悪かったのなら、これからきちんと治療、お手入れをすればあっけなくよくなる場合もありますが…)

                 4_convert_20121021183034.jpg

コッカーやシーズーは、ある程度の歳を過ぎると皮膚が弱くなる子が多いです。
例えば大型犬なら股関節、小型犬なら膝関節、キャバなら心臓、ダックスならヘルニア。どんなに頑張ってもなりやすい子はいます。
飼い始める前に、そういう事、ちゃんと調べてほしいと思います。

   5_convert_20121021183057.jpg

話がそれましたが、まいちゃん。皮膚や耳、「簡単に治りますよ~」とは言いません。
我が家の預かりっ子でも、ハゲてアチコチ皮膚が赤くなってたダックスのアシュレイはあっさり治りましたが、同じように皮膚がいまいちなシーズーのみおは、よくなったかと思っても、夏前後にはまたギトギトして、今もちょっと調子悪め。
完全には治らない可能性もあるという事をふまえた上で、そのまままるごと家族に迎えて下さる方を探しています…




お問い合わせは、トップ記事の譲渡条件を必ずご確認の上
必要事項を必ずご記入の上メールフォームよりお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

プロフィール

ともnet

Author:ともnet
ともnetは
保護犬猫の新しい家族を探すボランティアのサポートしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード