ころん正式譲渡♪

家族ができました!! 
応援ありがとうございました ♪
 
 




1_convert_20140618214424.jpeg

ポメラニアン・♂・推定6才

飼い主夫婦が高齢になり、
これ以上飼えないからと
保健所に持ち込みました。

「歩けないポメがいる。
見にきてもらえますか?」と
連絡をもらっていたのて、
今回ばかりは断る可能性もあるからと、
ドキドキしながら保健所へ行きました。
そしたら。
いたのはこいつ(^_^;)


それ、
反則じゃね?的な顔(^_^;)

まだ新しいハーネスをつけて、
きれいにトリミングされてました。
どっぷり
甘やかされてたに違いない体型。
それなのに最後が保健所とは…

             3_convert_20140618214511.jpeg

おじいさんやおばあさんと、
犬や猫が仲良くしてるのを見ると、
微笑ましいとか、
癒されるとかいろいろ言われますが、
私は違います。
「後継者はいるんだろうねぇ(-_-)」
「お前、
飼い主よりも先に死ねるといいねぇ」などなど、
文句や不安ばっかで
とても癒されたりするような
余裕はございません(-_-)

またまた脱線(^_^;)

4_convert_20140618214529.jpeg

「歩けない」について。
保健所で見た時、
左足は
まったく使えていませんでしたが、
右足はなんとか使えてました。
おすわりの形のまま、
ズリズリと動いてました。
左足も
まったく動かない訳ではないし、
ポメだし。
パテラかなーと思ったので、
引き取っちゃいました(^。^)

その日に獣医さんに行きました。
血液検査は異常なし。
フィラリアもマイナス。
体重5・25キロ。
めっちゃデブです(-_-)

            5_convert_20140618214547.jpeg

問題の足。
やっぱりパテラでした。
左足は、膝蓋骨は外れきってて、
足全体が膝の関節でねじれてる状態。
これは多分手術しても無理だろうと。
とても難しい手術をすればひょっとして…
くらいの可能性はあるらしいけど、
微妙だと。
右足もパテラではあるけど、
使えないほどではないそう。
今すぐ手術が必要なはどでは
ないんじゃないかと。

犬って、
普通、後ろ足1本使えなくても
3本足で歩けますよね?
ころんにそれができないのは、
右足のパテラのせいではなくて、
デブなせいな可能性が
高いんではないかとなりました( ̄▽ ̄)
なので、
まずはダイエットを頑張る事になりました(^_^;)

6_convert_20140618214603.jpeg


ころんを引き取ってすぐ、
ポメマニアン(ポメのマニアの事、
そういうらしいです・笑)なある方に、
「こんなんきましたー!!
宣伝また手伝ってくださいねー」的な
メールを送ったんですが、
獣医さんの待合室で
呼ばれるのを待ってる時、
ん?
と思えばそのポメマニアンさん登場( ̄▽ ̄)
「私も一緒に話を聞かなきゃ!!」と(^_^;)
診察が終わると、
ころん、
そのまま連れ去られていきました(^。^)

…と言う訳で、ころん、
預かりさんができました\(^o^)/


             2_convert_20140618214445.jpeg


今回初、
ともnetの預かりをしてくれるのは、
抜け毛地獄にもへこたれず、
とにかくポメが好きで好きで
たまらないポメマニアンのウルフさんご夫婦。
ともnetからは、ノワとラテ、
2匹のポメを迎えてくれてます(^^)
ポメまみれの生活をしている
ウルフさんご夫婦ならころんを
お願いしてもなんの心配もない…
というわけで、
我が家に1泊することもなく、
宿舎を変更となりました(^^)

預かりブログはこちら(^^)
今後のころんの様子は
こちらでご覧くださいませ♪
  
東海ポメの会

ころんころんのころん(^^)
今度こそ最後まで一緒にいてくださる家族を探しています!!






お問い合わせは、トップ記事の譲渡条件を必ずご確認の上
必要事項を必ずご記入の上メールフォームよりお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

プロフィール

ともnet

Author:ともnet
ともnetは
保護犬猫の新しい家族を探すボランティアのサポートしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード