サンディ ♪

申し訳ありませんm(__)m

死んじゃいましたm(__)m

7月の譲渡会。
スタッフにお披露目の為だけにでも
参加させようと思って、
みんなと同じように前日、
シャンプーしました。
それなのに譲渡会当日の朝、
ピーピーの下痢をしてたので
「参加拒否かよ!!」とか
ブーブー文句言いながら
サンデイは欠席にしました。

予想通り下痢はすぐに治りました。
若さはないので、
キャピキャピ、
キャーキャーするほど元気はないし、
歩き方はヨチヨチしてたけど、
ご飯の前にはちょっとテンション上がってたし、
オヤツもガツガツ食べてたし、
朝や私が仕事から帰ってきた時とかは
「早く出せー」って吠えてたし。
婆ちゃんなりに元気にしてたと思います。

晩ご飯を食べなかった日があって、
でも
オヤツは食べたから
そんなに気にしてなかった次の日、
仕事から帰ってきたら、
キャリーの中で
寝てる姿勢のまま亡くなってました。

ウチじゃなかったら
まだ生きていられたのかもしれないけど。

そんな家を見つけてやれなかった
私が悪いんだけど。
これ以上
私にはどうしようもなかったと
言うしかありません。

影ながら
応援してくださってた方が
あったとしたら。ごめんなさい。

お知らせが遅くなった事も、
ごめんなさい。

お世話になりました。
ありがとうございました。





↓ ↓ ↓ 以前の記事です(2014,6、22)

          1_convert_20140622111141.jpeg

ミニチュアダックス・♀・10才くらい。

高齢な飼い主が体調不良で、
親族が保健所へ持ち込みました。

実はサンディ。
ポメのころんと同じ日に、
同じ保健所から引き取ってます。
「歩けないポメと10才の太ったダックスがいる」と
聞いていたので、
私の頭の中は
歩けないポメをどうするかでいっぱい(^_^;)
サンディのことは
「太ってるだけですか?
他に問題ないんですね?」と
ちょっとだけ質問して引き取りを決めました(^_^;)

家に帰ってよーく見てみて
びっくり(-_-)
「デブ」の一言で
済まされるような状態ではありませんでした。
引き取る時も、
めっちゃ汚いわーとは思ってましたが、
トリミングに出して
しっかり体が見えるようになってみて
びっくりしました。

    2_convert_20140622111159.jpeg


まず。
全身痒いです。
外飼いで、
ずーーーーーっと
シャンプーもブラッシングもしてない感じ。
健康診断前ではありますが、
疥癬とかではなく、
脂漏症っぽい感じ。
皮膚の状態が悪いのを
ずーっとほっといたのか、
あちこちゴワゴワしてます。
特にお腹は、
普通の犬のお腹の皮膚とは
まったく別物。
胸はハゲてます。

      耳の中に、何かあります。
      
      6_convert_20140622111313.jpeg
     
      イボというには
      形がイビツで、でかいです。



体。
皮膚がタルンタルンです。

3_convert_20140622111216.jpeg



ただのデブではなく、
一時期はもっと太ってて、
少し痩せたから
皮があまってるのか、
なんだかわかんないけど、
タルンタルンの皮膚が
地面を引きずってます。
今でも十分太ってるので
ダイエットの真っ最中。
ご飯を
ほんのちょっとしかくれない私のこと、
「なんてケチなんでしょ(-_-)」と
思ってそう(^_^;)

          7_convert_20140622111334.jpeg


体が重すぎて、
ヨチヨチとしか歩けません。
アスファルトの道路を
長い時間歩かせると
あちこち引きずってる皮膚が
出血しそうです。
爪も伸び放題で、
後ろ足の爪は、
1本、肉球に刺さってたそうです。
(トリマーさんが処置してくれました)
ご飯どきになると吠えますが、
ダックスとしてはまぁまぁ静かな方(^^)

4_convert_20140622111234.jpeg


「何しても怒りませんっ」と
書こうかと思ったら、
トリミングの時、
後ろ足を触ると怒ったそうだし、
私は、
食べかけのガムを拾おうとして
「まだ食べるもん!!」と怒られました(^_^;)
噛むほどではないかもしれませんが、
一応、怒ることはします(^。^)


         5_convert_20140622111251.jpeg

サンディ。
いろんな意味で
体にインパクトがありすぎて
顔の印象が薄いけど(^_^;)、
実は美人です(^^)
とーっても
美人だと思います(^^)

今の状態は、
誰が見たって
「わぁ、可愛い♪」
とは言えないです。
こんな姿になるまでほっとくなんて、
十分虐待だと思います。
元飼い主の家族?親族?の方が
「もらってくれる人を探したけど
いなかった」と保健所で話したそうですが、
こんな状態の犬を
もらってくれって言われて
あなたなら
「はい」と言いますか?と
聞いてみたいです。



       犬って、
       ご飯だけあげてれば
       いいってもんじゃないはずです。
       犬、猫、動物を家族に迎えるって
       どういうことなのか、
       ちゃんと考えてほしいと思います。



今の状態で
迎えてくださる方がいるとは
思っていませんが、
いつものように、
こんな子きましたよーの
お知らせだけさせてもらいました。

数ヶ月後には
捨てた飼い主を見返すことができるくらい
ピッカピカになれるように、
私も頑張って
ケアしたいと思います。
応援、よろしくお願いします\(^o^)/





お問い合わせは、トップ記事の譲渡条件を必ずご確認の上
必要事項を必ずご記入の上メールフォームよりお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

プロフィール

ともnet

Author:ともnet
ともnetは
保護犬猫の新しい家族を探すボランティアのサポートしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード