新人・マリアです

ブリュッセルグリフォン・♀・不明

廃業するブリーダーから引き取りました。
繁殖に使われていた子です。

体重4・5キロ。
痩せてました。

このブリーダーの繁殖場は、
私は実際には見てませんが、
まだ繁殖を始めて5年はたっていないとか。
それなのに、
狭い部屋に、
大小様々な数十匹の犬が、
ガリガリに痩せて、
毛玉のオバケになっていたそうです。

私。
忙し過ぎて、
クドクド愚痴を書いてる暇は
ありません。

が。
私の願いは。

「このブリーダーが、
動物取扱業の登録を抹消されて、
今後2度と繁殖には関わりませんように」

「動物愛護法違反でも、
動物取扱業法違反でも、
なんでもいいから罰が与えられますように」

「ほとぼりが冷めた頃に
また復活、
なんてことがありませんように」




マリア。
引き取って4日目に体調を崩し、
入院させましたが、
次の日の朝、
亡くなりました。



          マリア
          これは、現地へ引き取りに行った
          ボランティアさんが撮った写真です。
          多分、
          この右側にいるのがマリア。
          もう少し落ち着いたら写真を撮ろうと思ってて、
          撮らないまま亡くなってしまったので、
          この写真をいただきました。





ケージに閉じ込められっぱなしの生活から
解放されて、
やっとこれから
普通の生活を始めようとしてたのに。
助けてあげることができませんでした。

あちこちで繁殖犬らしい犬達が捨てられてますよね?

こういうのがブリーダーってこと。
そろそろ、
一般の人もわかってくれたらいいのに。

「繁殖犬は、使えなくなったら処分します」

「ブリーダーにとって犬猫は産業動物です。
使えなくなったら処分するのは当然です」

「ブリーダーからは引き取らないことにしたって
保健所やセンターが言うなら捨てます」

「繁殖犬は、ケージに入れっぱなしです」

「毛玉だらけでも、
交尾と出産ができればかまいません」

「悪質なブリーダー、じゃなくて、
ブリーダーってそもそもこれが普通です。
良心的なブリーダーが珍しいんです」

「そりゃそうだろ。
じゃなきゃブリーダーでなんて
儲からないじゃん」

考えてみたらわかりますよね。

ペットショップで犬を買おうと思う人、
純血の子犬が欲しい人、
繁殖業界では末端になるペットショップの店員さん、
なんとなくわかってても、
あえて気づかないフリをしてる。

違いますか?


きっと、ずっと、
悪質なブリーダーも、
不幸な繁殖犬も、
捨てられる犬も、
虐待される犬も、

いなくなりません。

人にとって、
所詮犬なんて
そんなもんなんでしょう。
繁殖犬や、
捨てられる犬、
虐待される犬を、
可哀想、助けたい、と思う
私達がおかしいんです。


…………………さて。

結局思いっきり愚痴ったので、
気持ちを切り替えて。

頑張りますm(__)m

マリアはもういませんが、
マリアがいたこと。
忘れたくなくて、
記事にさせていただきましたm(__)m






スポンサーサイト

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

プロフィール

ともnet

Author:ともnet
ともnetは
保護犬猫の新しい家族を探すボランティアのサポートしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード