ご報告

我が家。
ただいま、
ジアルジアという寄生虫の駆虫薬を、
犬達全員に飲ませています。
譲渡会までには駆虫が完了するので、
予定通り譲渡会は行います。

なぜこんなことになったかというと…

少し前。
お友達ボラさんのあくびママさんから、
あくびママさんちの子
(保護犬ではなく、あくびママさんちのわんこ)から、
ジアルジアが見つかったと聞きました。
あくびママ家には持ち込んだのは、
のんちゃん&さっちゃんじゃないかと。
あくびママさん。
ボランティアをしていることで、
大事な大事な我が子に
負担をかけてしまったこと、
とってもショックを受けてて、
とっても凹んでました。

ジアルジア。
私は経験したことがなかったので、
ネットで調べました。
そしたら
「すっごい大変な病気なんです!!」的な
記事をたくさん見つけ、
「えええぇーーー(°_°)!!」となりました。
ともnet内外のお友達、
ボラさん、
獣医さん、
あちこちに、
ジアルジアってどんなん?と
質問しまくりました。
結果、
ネットで書かれてるほど
最悪な病気でもないんだなー、と。

でもやっぱり、
多頭いる環境では
全頭駆虫が基本だそうです。
あくびママさんちも
全頭駆虫薬を飲ませると聞いて
「わーーー。大変ねーー」と
思ってました。
この時は
めっちゃ他人事だと思ってました(^^;;

が、
ネットで見た時も、
あちこち質問しまくった時も、
「ブリーダーから迎えた子が
感染してることは珍しくない」となっていて、
我が家、
ちょうど廃業ブリーダーから
たくさん犬を引き取ったばかりだったし、
何匹かは預かりの移動も決まってたしで、
念のため、
ほんとにただ単に念のため、
検査をしとこうかなーと思ったんです。

1_convert_20141218184258.jpg
大量の駆虫薬(^^;;
最初はもっとありました(^^; 
;




ジアルジアは
検便でみつかることは珍しいらしく、
専用の検査キットを
取り寄せてもらって調べました。
感染してるなんて一切疑わず、
「とりあえず調べてみて、
感染してないことを証明しとけば
みんなも安心するしー」と思って、
ブリーダーから引き取った子たちを調べたんです。

そしたら、
検査キットが陽性の結果をあらわしまして(ーー;)
えええぇーーー
でした(T_T)

そのことから、
あくびママさんちに
ジアルジアを持ち込んだのも、
のんちゃん&さっちゃんではなくて、
廃業ブリーダーから
引き取った子達だったのね、
となり(T_T)

そんなこんなで、
我が家も全頭駆虫というわけです。

若い子や、
健康な子、
元気な子であれば
そう簡単に感染、
発症はしないみたいですが、
これからもたくさんの犬が
出入りするだろう我が家。
うやむやにしておくワケには
いかないですからねぇ…。


2_convert_20141218183658.jpg
夜は晩ご飯にトッピングします。
初日は間違えないか不安だったので、
ごはんに名札?つけました( ̄▽ ̄)
もちろん、
これで全部ではありません( ̄▽ ̄) 



毎朝毎晩、
駆虫薬(錠剤です)をカットしてカットして、
スプーンですくった缶詰フードに
薬をムニュッと押し込んで、
全員に食べさせます。
まーーーーー、
めんどくさいです( ̄▽ ̄)
早くジアルジアが
治って欲しいからもありますが、
薬が終わる日を、
めっちゃ楽しみにしてます(^^;;

同じブリーダーから引き取った
ネーナとここなは、
預かり移動とともに、
一足先に駆虫を済ませてます。
我が家もあと少し

3_convert_20141218183718.jpg
検査キットです。 

譲渡会では元気になった
(ま、今でも全然元気なんですけどね・笑)
我が家メンバーと参加します

応援してくださいねーーー\(^o^)/



スポンサーサイト

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

プロフィール

ともnet

Author:ともnet
ともnetは
保護犬猫の新しい家族を探すボランティアのサポートしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード