蘭丸・お空へ

平成29年3月15日未明
 
蘭丸がお空へと旅立ちました
 
長いこと

応援してくださったみなさまありがとうございました


長い間 治療ができたのも

みなさまの暖かい応援のおかげです





o0609082513891220570_convert_20170317190911.jpg





一昨年の7月に愛護センターより保護

まどか家に翌年の1月までいましたが

夜泣きがひどくなり

マンションのまどか家では

預かりが困難になって

宿舎変更しました
 


それから1年と2か月

ちーちゃんは蘭丸をとっても大切に

深い愛情をもってお世話してくれました



昨年末から体調が悪くなってからも

本当に献身的に介護をしてもらい
 
ちーちゃんの愛情をいっぱいいっぱいもらって

蘭丸の最後の1年はきっと犬生で

一番幸せな時間だったと思います
 
そして、

昨日の未明

静かに空へと旅立ちました・
 
ちょっとだけ夜泣きして

ちーちゃに背中をトントンしてもらって

静かに眠りながら逝きました


o0800092013450031020_convert_20170317190926.jpg



蘭丸は本当に可愛かったです

でも、

正直すごく大変な子でもありました
 
昼夜関係なく徘徊しながら絶叫して

蘭丸を預かっていた半年間は

2時間以上続けて眠れることはまれでした
 
ちーちゃんも蘭丸を預かってくれてるあいだ

絶対に大変だったと思うのです
 
でも、

ちーちゃんの口からは

一回も大変って言葉を聞かなかった・・・
 
いつも「大丈夫だよ」って言ってくれてたけど

きっと、

夜中に何度も起きてたと思う
 
 
本当にありがとう


絶対に真似できないくらいの献身的な

愛情をいっぱい注いでもらいました
 
蘭丸

幸せだったね
 
センターから出たときに

残された時間はもうあまりないと

獣医師の先生に言われていたけど

1年8ヶ月も頑張ったのは

ちーちゃんに甘えていたかったからだね
 
苦しかったり、

痛かったり

それでも大好きな人と一緒にいたくって

本当によく頑張たね
 
おつかれさま
 
蘭丸
 
ありがとう
 
ちーちゃん



心からの感謝を込めて












↓ ↓ ↓  2015,7,20の記です。



20150719205650.jpg

ロングコートチワワ(トライ) 推定10歳

去勢済み♂

フィラリア(-) 

6種ワクチン接種済

心臓疾患あり



家の中を あちこち歩き回るか
こってと寝てるか
自由に過ごすのが 好きで、
人やほかの犬に
あまりかかわろうとはしません。



そして、
トイレも
とっても自由
ちゃんと、トイレでしたかと思うと
歩いてる途中に立ち止まって

それでも
この10日ほどで少しは
仮母を認識してくれるように
なったと思います。

おもに、
食べ物をもらう時なのですが(笑)



20150719205726.jpg



でも、
一番心配なのは、心臓のこと。
正直、
思っていたよりもずっと重篤でした。


現在は、ace阻害薬のアピナックと利尿剤のアルダクトン
そして強心剤のべトメディンを服用しています。

病院の先生には、
「このこの心臓で1年はもたないでしょう
残されている時間はたぶん、何か月単位だと思います。」
と、
診断されました。



体重は、2.4キロ。 
本当は3キロくらいあってもいい体格ですが
非常に痩せています。

たぶん、
それほど体力もないのではと思われるのですが
それでも、
なかなかじっとしていられません。
そして、
きゅんきゅん、うーうーと声を上げます。


心臓がバクバク言っているのがわかる程で
心配になってやめさせようとしても
クレートはもちろん、抱っこも嫌。
とにかく拘束されることを
異常に嫌がります。
もちろん、
クッションでマッタリなんてしてくれません。


食事も、
心臓の処方食単品では食べてくれなくて
お肉のゆで汁などで
匂いをつけて食べさせているほか
お肉やお魚を焼いたり茹でたりしてるものも
食べさせています。

それは、
もしかして心臓のためには良くないのかもと
先生にも相談しましたが

「それは、考え方次第。 
残り少ない時間なら好きなように
させてあげるのも良いのでは」  と。



トイレも、
利尿剤を服用していることも考えたら
オムツの使用も
仕方ないと割り切ることにしました。

お散歩も禁止ですが、
あまり暑くないときには
ベランダなどで
外の空気を吸えるようにしています。

こんな蘭丸ですが
希望としては、できることなら
最後の家族をみつけてあげたい
と思っています。

たとえ、
何か月間でも 
何週間でも
『大好きだよ。
きみは大切な家族だよ』
そう、言ってくれる
家族のもとで暮らせたら・・・

お空に旅立つときにも 
『いつか虹の橋でまた会おうね』
そう言ってくれる家族がいたらと
心から、願っています。


蘭丸は迷子で保護されたけれど
本当に迷子なのか、捨てられたのか・・・
迷子だとしても、
捜してもらえなかった子です。
これほど心臓が悪いのに
病院に連れて行ってもらえていたのか


たぶん、
爪などのお手入れがされていなかったことからも
その可能性は低かったと思われます。


そして、
その命が終わろうとする寸前に
一人ぼっちにされました。
もしかしたら、
蘭丸には障がいがあったのかもしれないけれど
それは、
蘭丸の責任ではないはず。
10年、
まがりなりにも一緒に暮らした人がいたはずなのに。


20150719205615.jpg


とても、
わがままな里親募集なのかもしれません。

長くは一緒にいられな子を家族に迎えてください。
看取ってください。
悲しい思いをさせてしまうことが
前提のお願いです。


そして、
実際に看取るというのは
気持ちの上だけでなく
金銭的、体力的な負担も
お願することです。

それでも、それでも
いまの、ありのままの 
蘭丸を受け入れてくださる方を
最後まで探してやりたいと思っています。



いつもの条件の他に
里親さまにお願いしたいことは

心臓の治療を継続していただけること

できることなら、
お留守番の少ないご家庭であること


そして、何より 
蘭丸を可愛がっていただけること





蘭丸は体力的に
譲渡会には参加できません。

ブログのみでの募集になります。


お問い合わせ・ご質問がありましたら

bokuginnojo@yahoo.co.jp

まで



預かりブログ  僕、銀之丞






お問い合わせは、トップ記事の譲渡条件を必ずご確認の上
必要事項を必ずご記入の上メールフォームよりお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

プロフィール

ともnet

Author:ともnet
ともnetは
保護犬猫の新しい家族を探すボランティアのサポートしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード